月別アーカイブ: 2015年10月

浮気について私が考えている事

浮気ってしている人が多いんじゃないかなって思います。本当に付き合った人だけを一途に想い続けている人が、いるのかなぁと思います。実際に身体の関係にならなくても、マンネリになって他の異性が素敵だなって思うことがあると思います。それを行動にうつすか、うつさないかですよね。付き合っている人以外の人にときめいたら、これは浮気ではないんしょうか。私は心の浮気だと思います。

でもそれだけで別れる人ってあまりいませんよね。私も彼氏が他の女性にときめいたとしても、別れません。ちょっと嫌な気持ちにはなりますが、みんなそういうことってあるよなぁと思います。浮気で許せないのは、やっぱり異性と食事に行ったりしたらでしょうか。会社関係のおつきあいなら仕方がないと思いますが、明らかに下心があって異性と二人きりで食事をするのは嫌です。

でもこの時点でもまだ別れないと思います。身体の関係になっている事、または定期的に二人で会っていることがわかったら別れると思います。浮気をする人が多いとは思いますが、付き合っている人にバレなければよいと思います。私も知らなければ浮気されても良いかなって思います。バレるような浮気はしてほしくありません。結局バレなければ、浮気にならないと思うのです。

私も浮気をしたことがありますが、バレないようにしていますし、バレたことはありません。彼氏にもバレないようにしてほしいです。やっぱり他の異性もいいなって思うのは自然なことだと思います。

浮気調査は探偵事務所によって料金が異なるので慎重に調べること

配偶者や、また付き合っている相手が浮気をしているのではないか…と悩んでいる場合、興信所に浮気調査をするという方法がお勧めです。
今は、さまざまな興信所に、浮気調査を依頼することがで気軽にできる時代になっています。
そこで、こうした浮気調査では、どういったことを調査できるのでしょうか。
まず、浮気調査では、たとえばその相手が浮気をしているのかどうか、ということを調査することができます。
また、そのうえで、希望した場合は、証拠現場などを写真で押さえたり、また証拠をいくつか押さえることができるのです。
まずは、浮気をしているのかどうか知りたいだけという場合は、料金などは少し安めになる場合が多く、証拠を押さえる場合は、料金が割高になることが少なくありません。
そこで、こうした浮気調査ですが、まずは料金から比較することが必要です。
たとえば、興信所によって料金が違いますし、たとえば、場合によっては交通費やその他経費なども請求されるケースがあります。
また、興信所によっては、たとえば、成功報酬などで、成功した場合に料金が発生するというところもあります。
やはり選ぶ際には、明瞭会計の興信所を選ぶことがお勧めです。
また、浮気調査を依頼する場合、相手の素性などの情報が分かっていれば分かっているほど、浮気調査の料金が割安になる傾向があります。
まずは、興信所を選び、そして相談してみるということもおすすめです。

>>興信所の料金・費用を安くする方法はコチラ

初恋の相手と再会して浮気することについて

初恋の相手とは、実らずに終わってしまうのが普通です。初恋の相手というのは幼いときのささやかな恋心ですのでそれが実際に上手くいくことは少なく、さらに大人になってからもずっと好きでいるということはかなり珍しいです。ただし、同窓会で出会ったことをきっかけにしてその恋心が再燃してしまうということはあります。それは初恋相手というのを美化し過ぎているということもあるでしょうし、懐かしさが拍車をかけるということもあります。そうなると、現在の自分に恋人がいたり、配偶者がいたとしても浮気への誘惑が出てきてしまいます。

もちろんそのときのパートナーも心から好きではあるのですが、それとはまた別の気持ちで結果的に浮気してしまったりします。どちらかと言えば幼いころや思春期のほうが恋愛に対する気持ちの感じ方は強烈で、それを実現させるためには浮気もいとわないと考えてしまいがちです。それが正しいか間違っているかは置いておくと、そこで浮気をしてしまうのはしかたがない気もします。

また、そういう浮気は一時的なものですから、長く後を引くことは少ないです。1度浮気をしてそれで満足してしまえば後は現実を優先させる考えもあるでしょうし、今のパートナーを完全に裏切ってまで結ばれたいとはなかなか思えないものです。それは恋愛においてかなり理不尽な行いなのかもしれませんが、上手く割り切れないこともあるわけですからそれはしかたないですし、その浮気には一定の理解を示す余地があります。

世の中浮気が当たり前?

本当に最近、浮気とか不倫という言葉がマスコミなどではあまりに普通に使われていて、これで良いのかと思います。
結婚するタレント達に「浮気の方の心配は?」などとリポーターが当たり前のように聞きますが、結婚するということはこの人と一生を過ごして行くのだという覚悟が出来てするもののはずです。
それをわざわざ浮気に付いて聞くなんて、そのリポーターの人間性の低さを感じます。

私も夫に浮気をされたことがありますが、若い時だっただけに周りが結局元の鞘に納めてしまいました。私は離婚したかったのですが。
親戚も職場も巻き込んだ大騒ぎになったので、夫も懲りたと言っていましたが、それから10年以上も経つと、またそんな気が起こってくるようです。

しかも子供の具合が悪く、原因がわからず病院を転々としていた時です。死ぬような病気ではありませんでしたが、自分の子供が苦しんでいるこんな時でも男性は女性の方が大切なのでしょうか?
もちろん、これは総ての男性がそうだとは言いませんが、一度あの大騒ぎを経験しても懲りて等いない、というか、人間都合の悪いことは忘れてしまうものなのでしょうか?

ただ、浮気は奥さんを精神的に追い詰めてしまいます。いくら夫が元に戻ってきても、浮気をされていた時期のことや、浮気を知った時のショックをなかなか忘れ去ることが出来ません。
例え夫の相手を訴えても、それで傷が癒えるわけではありません。
中には精神科や心療内科に通う人もいます。

男性も女性も結婚すると言うことに対して、もっと大人としてしっかり考えてからするべきだと思うと同時に、マスコミもドラマ等で不倫を簡単に扱うようなことはするべきでないと思います。

浮気の原因について

誰しもが経験することではないですが、もしかすると経験してしまう可能性があるということも否定出来ないのが浮気というものだと思います。人はなぜ浮気をしてしまうのでしょうか。女性より男性の方が浮気をしやすいという話も聞きますが、男性が浮気をしてしまう原因となっているものはある程度決まってくるようですね。
男性の浮気の一番の要因と言われているのが性生活に関する問題だと言われています。パートナーと十分な性行為が行えないと、刺激を求めて浮気をしてしまうようなのです。例えば奥さんが妊娠している状態などはそれにあたりますね。また男性が単身赴任などをしている場合にも相手が側にいないのですから、別のパートナーを見つけて発散しやすい状況となってしまうのです。男性は子孫を残すという本能があるとされていますから本能的に理性に勝てない、なんて場面もあるのでしょう。
また、奥さんが縛りすぎてしまうといったことも原因になります。あれやこれやと子どものように怒られていては不満がたまり、優しくしてくれる女性の元へと向かってしまうといったことなのですね。
一方の女性が浮気をしてしまう原因にも性生活に関することも多いようです。さらにパートナーがあまりかまってくれない、冷たいといった場合にも優しさを求めて浮気をしてしまうこともあるのです。女性はいくつになっても愛されたい、お姫様のように扱って欲しいと思うのでしょうね。
どちらも未然に必ず防げるという対策はありませんが、ある程度の努力は可能なので努力を怠らず幸せに暮らしてゆきたいものですね。